失業保険を貰えるのかどうかの条件

アルバイトやパートタイマーは、正社員の立場と色々違う面が出てきます。
賃金が安くなるのもそうですし、労働時間が定まらないのもそうです。
その中でも失業保険に加入できるかどうかというのは疑問の一つに入るでしょう。
実は、アルバイトは正社員と同様に、失業保険に加入することができます。
ただし、これには条件があるのです。
原則として、1週間で20時間以上働き、31日以上働き続ける、という条件を満たした労働者だけが入れます。
逆に言うと、これに当てはまってしまったら、絶対に入らなければいけないという決まりなのです。
ちなみに、そういった労働者がいる場合、全員がアルバイトやパートであっても、雇用保険適用事業所となり、その条件に当てはまる労働者に保険に入る義務を言わないといけなくなります。
ちなみに、そういった立場の人はどうやったら失業手当を受けられるのかと言うと、きっちりとした理由があった場合で働けなくなり、失業してしまったら再就職までの期間、一定額を受け取ることができます。
ただし、これにも条件があります。
まず一つ目は、1年以上失業保険に加入するという義務です。
会社の倒産など、特別な場合には短期雇用特例被保険者という別の保険が適応されます。
2つ目に、次もしっかりと働くという意思が存在すること。
無職になりたいから、という人は失業手当をもらえないのです。
以上が失業手当を貰えるかどうかの条件になります。
該当者は手続きをして失業保険をもらいましょう。
そういえば、そんな失業保険のあれこれをまとめたサイトを発見しました。
とてもわかりやすく説明してあるので、是非参考にしてください。
アルバイト生活をしている人へ⇒こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です